社員に対する取り組み

社員に対する取り組み

1.MLOGI PHILOSOPHY

25項目の行動基準がしっかりとれる人材を育成します。

  1. 考えて、考えて、考え抜く(知恵と工夫)
  2. 人に負けない努力をする
  3. 挑戦する、仕事は自ら創る
  4. 自ら燃える
  5. 高い目標を立てる
  6. 気概と執念を持つ
  7. 自信を持つ、過信はしない
  8. 自責の気持ちを持つ
  9. 焦らない
  10. 時間は自ら作る
  11. 失敗から学ぶ
  12. 常に謙虚、感謝の気持ちを持つ
  13. 仕事を楽しむ、明るく元気に
  1. 率先垂範する
  2. 心が震える挨拶をする
  3. 正しく伝える
  4. 日々採算を作る
  5. 三現主義に徹する
  6. 5W1Hを常に意識する
  7. 報告・連絡・相談する
  8. 協力者を得る、自主独立の精神を持つ
  9. 圧倒的な専門性を身に付ける
  10. お客様のビジネス・業界を勉強する
  11. 後継者を作る
  12. 正義を貫く

2.人材強化

「経験」「処遇」「研修」の三位一体の施策

丸紅グループでは、経営環境の変化およびビジネスモデルの多様化に対応すべく、丸紅社長を議長とする「HR戦略会議」を設置し、丸紅グループ全体の人材強化に重点的に取り組んでいます。具体的には、実務を通じた「経験」を柱とし、「処遇」「研修」とあわせた三位一体の施策を導入しました。 「経験」施策の一つとして、若手総合職を重点対象とし、丸紅では20代での海外経験必須化と最前線の現場経験促進を掲げています。 当社も海外経験・現場経験を通して、グローバルに活躍できる人材、現場感覚に優れた人材の育成を目指しています。これらの「経験」施策を促進するため、よりダイナミックな人事異動・ローテーションを実現できるよう、能力に応じて「処遇」を決定する仕組みになっています。また、「研修」については、現場のニーズに応じた研修を実施するため、各部門が主体的にプログラムを策定する部門別研修を強化し、全社研修は階層別研修と選抜型研修を中心に構成しています。

三位一体の施策 経験・研修・処遇

PAGE_TOP